登山

岡山県の駒の尾山へ登ってきました♪

Photo

兵庫県と岡山県の県境にある山で、頂上は岡山県側に

ある山、駒の尾山に日曜日に登ってきました^^

この日、買ったばかりの登山靴をおろしたばかりで

うきうき気分で出かけました(笑)

Photo_2

靴はSCARPAというメーカーのカイラッシュGTXレディース。

イタリア産の靴です(*'ー'*)ふふっ♪

以前履いてた靴で登山した際に靴の中で足が滑って

下山の際に足の指が痛くなることがあったのでその点を

改善したかったのと、そろそろミドルカットの靴からハイカット

の靴に移行したかったので購入に至りました。

安い買い物じゃないので悩みましたが、主人が「買っちゃえ~」

と後押ししてくれたので思い切りました^^;

さて、その登山ですが・・

2

こんな感じの山道を登ること2時間くらいで頂上には

たどり着いたのですが、この日はあいにくの天気で><

6

頂上に着くまでも雨が降ったりやんだり;;私のデジカメは

防水じゃないのであまり撮影も出来ず・・

雨がやんだとき撮影した数少ない写真をアップしておきます^^;

3

兵庫県側の登山口から大海里峠に向かって登りはじめ

ました^^

この頃は雨もまだ降ってなくてよかったのですが、

途中降ったりやんだりし始めたのでレインコートを

着用しつつ登りました。

4

大海里峠に到着して雨も降ってなかったので、ここで

早めのお昼休憩にしました。

コンビニおにぎりですが(笑)2コ食べてお腹も満たされた

ので、頂上に向けて再び登りました。

5

鍋が谷山を経て舟木山に向かいそこから下山予定で

駒の尾山の頂上までは雨もたいしたことなかったので

頂上の様子も少しは撮影できました^^;

7

岡山方面のやまの様子↑

9

これから登っていく舟木山方面の様子です。

このあと、本格的に降り出して、足下の悪い中、

ゆっくり登山することになります^^;

この日は天候のせいか、登山客も少なくて出会ったのは

若い男の子2人組だけでした;;

もともと熊も出る山なので、糞を見つけたりしてどきっと

しましたヽ(´o`; 鈴を鳴らしながら登ってるので多少の

効果はあると思うのですが、この日は出会わなくてよかった

です(;´Д`A ```

10

雨で展望のなかった舟木山の頂上の標識だけ撮して

下山しました。

あまり登山客の通らない道なのか、下山道は結構

荒れていて、降りづらかったですが、主人が慎重に

先導してくれ無事下山できました。

新しい靴も調子よくてどこも痛くなることもなく降りてくる

ことが出来ました^^でも距離にして10キロの道のり、

天候も悪くさすがに疲れました。買ったばかりの靴は

泥まみれになるし、(帰ってすぐ洗いました^^)天気予報では

曇りの予報だったのですが、山の天気は侮れないです^^;

11

降りてくる途中の谷川。綺麗なせせらぎで癒されました。

そして降りてきた頃には雨も上がり、晴れ間まで^^;

ついてない山行でしたが、次回に期待で来月もまた

山登りしてきますね(*'ー'*)ふふっ♪

今度はどこの山に行こうかなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

富士登山してきました♪パート5

Photo

八合目の山小屋に宿泊のため最後の岩登り^^;

ここが結構きつかった。画像は加工しているため ちょっと

なだらかに見えますが、もっと角度きつかったです><

2

こんな高いところまで登ってきました。山中湖もはっきり

見えてます^^

3

この上にある山小屋に宿泊しました^^画像残ってません

でしたが・・

沢山の人が泊まっていました。ゆっくり寝れる状態でもなく

狭い場所に並べられた寝袋3つ分のスペースに夫婦二人で

寝袋に入って寝ました。隣との敷居はなく、ビニールシートで

仕切られただけでした^^;

夕飯はカレーと少しのおかずとお饅頭とお茶でした。

体力使ったあとなので美味しく頂きました♪

4

翌日、夜明け前の3時頃山小屋を出発して頂上を

目指しました。くらい中撮影はしていないので画像は

ありませんが。この画像は下ってきたときの本八合目かな^^;

5

登って来た人のみのご褒美のようにうつくしい風景。

眼前に広がる雲海と遠くの山が幻想的な美しさです。

6

富士山特有の吊し雲も間近に↑迫力です~^^

7

こつこつ登って(この日は強風と霧雨でした;;)やっと九合目。

感慨深いです。あと少しで頂上かと思うと楽しみなような

残念なような・・

そして、とうとう頂上に!!

でも、残念ながら展望はなし;;完全に雲の中。

強風が吹き荒れていて、飛ばされそうになりました。

9

頂上にも山小屋があってそこで温かい豚汁を

頂きました^^寒かったし、生き返る心地がしました♪

頂上の山小屋でしばしの休憩後下山です。

と、今日はここまで~^^;

最後は辛かった下山のお話し(笑)へ続きます<(_ _*)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

富士山登ってきました♪パート4

Photo_2

昨日の続きの前に、画像を1枚^^

夜明け前のこの青い世界の状態をブルーアワーと

言うそうです♪幻想的で美しいですよね~(*'ー'*)ふふっ♪

3

富士山は観光登山が出来る山として、しっかり整備されて

いて、分岐やポイントごとにこういう標識がしっかり配置

されています^^

なので、普通の登山のように地図を持たなくても山登り

出来ます♪

4

5

外人さんもよく登られるので、英語表記や中国語、ハングル

文字まで!

私たちが登った日も様々な国から来られていました。

白人さんも黒人さんも中国や韓国の方も多かったように

思います。皆さん軽装で登られていてそれが心配でしたが。

6

7

残りの距離やおおよその時間なども明記されています。

でも休憩時間を含まないし、私や主人は初めてという

ことも考慮してめっちゃスローペースで登りました^^;

高山病が怖かったし、しっかり休憩しながらゆっくり登った

ので、倍くらい時間かけてるかも(笑)

8

登山道脇の石止めの隙間から可憐な高山植物たちも

顔をのぞかせています^^名前までは知らないけど・・

9

まだ咲いてないけど、いっぱいつぼみをつけた植物とか^^

10

可憐な花を咲かせていたり、登りながら癒されました^^

11

遠く下界に山中湖が見えています^^

私たちは山梨側から登ったので、海は見えず、

山や湖を眺めながら登りました♪富士五湖すべては

見えないけど。山中湖と河口湖はみえました。

12

富士山の山小屋に物資を運ぶのはブルドーザーです。

こういう光景をよく見かけました^^近くを通ったときは

迫力にちょっとおどろきました(笑)

13

これから上る登山道をしたから撮影♪道のりは長そう

です^^;

14

このような溶岩で出来た岩の道も上ります。

15

山小屋と遠くに河口湖も見えてます。

16

五合目から登り始めてようやく七合目までたどり着きました。

ここまで2時間くらいかけて登ったかも^^;かなりゆっくりです。

17

山小屋、日の出館の売店。標高が高くなるにつれて

物価も上がっています(笑)

18

今まで登って来た道を振り返って・・

結構登りましたが、まだ半分も登ってませんヽ(´o`;

もうしごとへ行く時間です><

続きはまた来週~ヾ(;´▽`A``アセアセ

皆様よい週末をお過ごし下さい<(_ _*)>ぺコリ

富士登山、話したいことも見せたい画像もいっぱいで

全然アップが追いつきませんが、長い目でお付き合いください。

私の登山記録としても残したいので(;´Д`A ```

では、行ってきますε=ε=ε=ε=ε=┌(;σ_σ)┘

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

富士登山してきました♪パート3~

Photo

7/11~7/15まで富士登山のために出かけていました。

結局予定していた7/12はあいにくの天気で台風のような

暴風雨><

4

ビュウビュウとものすごい音で風が吹き、おまけに

叩きつけるような雨まで降ってました;;

どうするか主人と相談して、せっかくここまで来たし、

予約している山小屋の空きがあるなら日程を一日ずらして

やっぱり登ってみたいということになりました。

山小屋に確認したところ、無事に一日ずらすことが出来たので

7/13の朝から登ることに^^その日の朝は↓

5

雨も風もやんで晴れそうな予感♪

6

登る富士山もスッキリ見えています^^v

そして、五合目からのご来光~fuji

7

五合目から見えて本当によかった!!

もうお目にかかれないかもと諦めていたのでヽ(´o`;

この日は山小屋でたっぷり朝食を頂いて(こちらの山小屋

和食善が出てどれも本当に美味しいの^^v)お昼用の

おにぎりも用意していただき、ようやく登山開始です♪

2

富士山には登山道が4ルートあって、そのうちの一番

人気の吉田ルートで登ってきました^^

初心者に安心の山小屋が豊富な吉田ルート♪

八合目も山小屋でもう一泊しました^^

登山口付近には七合目まで運んでくれる馬の姿も↓

9

私たちは使ってませんが、観光気分で七合目まで行くとか

なら利用もありかな^^でも結構お高いですが・・・

ようやく登山開始です~^^

10

すでに雲よりも高い登山道をゆっくり歩き始めます。

速いペースで歩くと高山病にもなりやすく、またペース配分の

意味でもゆっくりペースで歩きます^^

山の澄んだ空気が美味しいです♪

さて、また長くなっちゃったので、続きはまた明日~^^;

かなり引っ張りますが、よろしければお付き合いくださいね~

いつも、応援、コメントありがとうございます<(_ _*)>ぺコリ

なかなか訪問や、コメント返しなど時間がとれていませんが、

ぼちぼち返していきますので、もうしばらくお待ちくださいね;;

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

富士登山報告、パート2富士急ハイランド編♪

Photo

富士登山の前日に到着していたので、せっかくだから

富士急で遊んでいこうと主人と二人で立ち寄りました^^

2

富士急って絶叫系ライドが売り物なんでしょうけど、

夜中の2時半に出発して着いたのが朝の9時半。

そのまま富士急に来たけれど、やっぱり、半徹での

チャレンジは体調にもよろしくないと見るだけ~

本当は怖いだけかもしれないけど(笑)

3

万全の時なら楽しめたかな^^

4

エヴァンゲリオン館にもはいってきました♪

中は撮影禁止なので画像はないですが、結構リアルに

出来てて写真撮りたかったなぁ~なんてf^^

5

富士山が見える遊園地ってなんかいいですね~

翌日への期待も高まります♪

7

この絶叫系ライドもめちゃ怖そう~('-'*)コワイヨコワイヨ

垂直にあがってそのあと120度の傾斜で落ちるってあり得

ない恐さ~ヾ(;´▽`A``アセアセ

もちろん見るだけ(笑)

6

翌日には富士さんに登るんだとワクワクしながら

富士急をあとにしました♪

8

そして、とうとう富士5五合目に到着です^^

富士スバルラインをマイカーで通ってきました♪

この日は5五合目で宿泊です^^いい山小屋でした!

マイナーな山小屋なのかあまりネット上で紹介されてなかった

けど、とってもよかったです!

詳しく載せてる人がいないので、あまり紹介しない方が

いいのかもしれないので私も内緒にしておきます~(*'ー'*)

さて、翌日は富士登山のはずでしたが。

また続いちゃいましたヾ(;´▽`A``アセアセ

明日もお楽しみに~<(_ _*)>ぺコリ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

富士登山無事登頂してきました♪パート1

3

ただいま~^^;

長い間ブログ、休ませていただきました<(_ _*)>

無事富士登山してきましたよ~(*'ー'*)ふふっ♪

色々あった富士登山。ブログで紹介していきたいと思います。

まずは登って来たよぉ~というご報告のみですが(;´Д`A ```

写真の選択や加工に時間がかかりそうなので小出しで

紹介していきます<(_ _*)>ぺコリ

Photo

富士山らしい姿が拝めたのって着いた初日、7/11のみで

その日は富士急ハイランドで遊んできたのでした(笑)

といっても半徹状態で行ったので、絶叫系ライドにのる

体力も余裕も無く楽しそうな悲鳴をそばで聞いて臨場感だけ

あじわってきました^^;

主人のお目当ては日本一怖いというお化け屋敷♪

中の画像は撮影禁止なので紹介出来ないのですが^^;

外観だけご紹介(笑)

Photo_2

その名も「最強戦慄迷宮 禁断の旧病棟」('-'*)コワイコワイ

入り口を撮影してます^^

待ってる間はちょっと…o(;-_-;)oドキドキ♪

2

入り口付近の画像のコラージュヾ(;´▽`A``アセアセ

これしか撮影できてないので詳しくはお伝えできないのですが

全長900メートル以上の道のりを歩き続けるタイプの

お化け屋敷は初めて!!楽しみにしておりましたが~・・

前の人が進むの遅くて詰まってしまって、ほとんどの仕掛けが

暴露されていき、おもしろさが全くないお化け屋敷になって

しまいました(;´д`)トホホ

せっかく楽しみにしていたのにな;;もう少し、前の人との

間隔をあけるべきと思います(ノ_・、)グスン

とまぁ。富士登山前になにをしてるんだという感じですが、

せっかく こんな遠くまで来たんだからやっぱり最大限に

楽しんでこないとね^^エヴァ館やガンダム館、水木しげる館

などテーマ館にははいってきたし、絶叫系以外の乗り物には

乗ってきました~♪写真も色々あるけど、加工してないので;;

また後日><

翌日は富士登山の予定でしたが・・・

2_2

7/11の天気とは打って変わって・・・

続きは明日。富士登山パート2に続きます(笑)

しばらく引っ張りますが、よろしければお付き合いくださいね~

お菓子作りは全くしてないのでヾ(;´▽`A``アセアセ

また週末に作ったら来週には紹介出来るといいな♪

では仕事へ行ってきますε=ε=ε=ε=ε=┌(;σ_σ)┘

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|